薬剤師の求人に多い募集要項

仕事を探す時に必ず目にするのが募集要項ですよね。アルバイトを始める時もそうですし、正社員として就職する際にも必ず募集要項に目を通し、そこに書かれた内容が自分の資格や希望などに当てはまるかを確認しなければなりません。たまに、【18歳以上】と書かれているにも関わらず『17歳なんだけどいいですか?』と応募する人もいるでしょうが、この程度なら雇い主の裁量でどうにでもなること。しかし【資格】などが関わってくるとそうも言ってられません。薬剤師の求人というのはとても多く存在しているので、薬剤師として働きたいと思っている人は働き口に深刻になる心配はまずありません。もちろん薬剤師の免許は取得していなければなりませんが。『薬剤師の免許は持っていませんが、働かせてください!』というのは通用しませんよね。

薬剤師の求人の募集要項にも大抵書かれています。【応募資格・薬剤師免許】と。たまに書かれていない求人の募集要項も見ますが、それは『いや、持ってないと薬剤師として働けないのは当然でしょ』という暗黙の了解。薬剤師という仕事は、その仕事の幅がとても多いことでも知られています。ですから募集要項にも細かく色々と書かれている場合が多いです。よくあるところでは【正社員・パート】などと、普通の仕事と同じように勤務形態の記載があったりします。薬剤師特有のものであれば【調剤】や【ドラッグストア】、【病院】などと書かれている場合もあります。

どれが多いかは求人誌や求人サイトによって変わってくるかもしれませんが、【調剤薬局】という言葉が多いかも知れません。いわゆる処方箋をしてくれる場所。ドラッグストア勤務も多いですね。正社員とパート、というのはどちらもよく見られます。

Comments

Tell me what you're thinking...